フォションやラデュレで活躍し、その過程でピエール・エルメの薫陶を受けたクリストフ・ミシャラクは、次世代の仏パティシエ界を引っ張る存在

May 29.2018

パリで人気のパティスリー「ミシャラク パリ」の海外1号店が2018年10月、東京・表参道に誕生する。「ミシャラク パリ」を立ち上げたのは、パリを代表するパティシエのひとり、クリストフ・ミシャラクだ。

プラザ・アテネ時代のミシャラク
世界中から集まったパティシエが競い合うパリで、現在4店舗を構え、スイーツに世界一厳しいパリの人々を満足させるクリストフ・ミシャラクは、フォションやラデュレで活躍。その過程でピエール・エルメの薫陶を受けた彼は時代と共に生き、現代のスイーツを生み出している。

彼は先駆者でありアバンギャルドなテクニックや革新的なコンセプトを創造し、ルリジュースやパブロバといったフランス伝統の菓子を現代の感覚に沿うように変身させた。スイーツの世界に新風を巻き起こし、モダンであること、ロックであることを追及している。

テレビ出演もこなすミシャラク
フランスでは、自らのテレビ番組を持ったこともあるなど、仏パティスリー界を牽引する存在として知られているミシャラク。
彼は、ピエール・エルメが「フォション」でシェフ・パティシエを務めていた時代に、彼の薫陶を受けた弟子たちのなかでも、ひときわ華やかなキャリアを築いてきた。「フォション」を経たのち、アラン・デュカスが展開する5つ星ホテル「プラザ・アテネ」内のレストランのシェフ・パティシエにわずか27才の若さで就任したのだ。

クープ・ド・モンド2005年
2005年には“パティシエのワールドカップ”と称される「クープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・パティスリー」でキャプテンとしてフランスチームを優勝へと導いた。現在の仏パティスリー界において、同じくピエール・エルメ門下のセバスチャン・ゴダールらとともに次世代を牽引するスターパティシエのひとりとして知られている。

クープ・ド・モンドで優勝したミシャラク率いるフランスチーム
東京の店舗でも、パリと同じくプラスチックの容器に入った持ち運び可能なモバイルスイーツ「KOSMIK(コスミック)」や大きなシューを2段重ねにした、プラザ・アテネ時代からのシグネチャーメニューのルリジューズといったスイーツに加え、伝統的フランス菓子をアレンジした焼き菓子や、独特な風味のジャムなども登場。

店内には、その場でスイーツを食べることのできるイートインコーナーも設けられ、カフェとしても利用可能となる。
パリでしか味わえなかったクリストフ・ミシャラクのスイーツがいよいよ、東京に上陸する。

Share on



SHOPINFO

ミシャラク 表参道


〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6-2-9
営業時間物販・カフェともに11:00~20:00(ラストオーダー19:30)
MICHALAK PARIS が表参道・原宿エリアに上陸!
日本ショップデザインコンセプトはクールポップ × シンプルカジュアル!
遊び心に溢れていつつも上質な商品と、ブランドビジュアルにも表現された明快さを店内のインテリアとして表現しました。
ブランドのもつポップな要素がエレメントとして落とし込まれた店内。
キャラクターのように表情豊かな商品たちを際立たせるために、ホワイトとブラックを基調に構成。
この2色はブランドのビジュアルカラーでもあります。


INFORMATION