CHRISTOPHE

MICHALAK

クリストフ・ミシャラクについて

若くしてピエール・エルメと並ぶ、フランスを代表するパティシエの一人。
主にフランス国内のホテルで経験を積み、パリの5つ星ホテル プラザ・アテネでシェフ・パティシエを務め、在籍中にクープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・パティスリーにフランス代表キャプテンとして出場、チーム優勝を果たす。
2013年には教室を併設した自身の店舗「ミシャラク・マスタークラス/ミシャラク・テイクアウェイ」をパリにオープンしたのち、ミシャラク・パリをマレ地区、サンジェルマン地区に展開。現在パリ市内では上記に加えて、もう1店舗とラボを展開中。以前から注目していたスイーツ激戦区の東京に、今回満を持して店舗を展開する。

MESSAGE

ミシャラクからのビデオメッセージ

日本の皆さんへ

パリのシェフ・パティシエ、クリストフ・ミシャラクです。
私の夢は、東京に素晴らしいパティスリー(ケーキショップ)を持つことでした。
これが実現しました。

BIOGRAPHY

経歴

1973
フランス、サンリスにて生まれる
1991-1993
ヒルトンチェーン(ロンドン、ブリュッセル)
1993-1995
ホテル ネグレスコ(ニース)ミシュラン二ツ星/ シェフ:グレゴリー・コレ
1995-1997
フォション(パリ)/ シェフ:ピエール・エルメ
1997-1998
グレゴリー・コレ(日本・神戸):スーシェフ
1998-1999
ピエール・エルメ氏がDavid BOULEY(デヴィッド・ブーレイ)氏のコンサルタントを務めた際の、現場責任者として渡米(ニューヨーク)
1999-2000
ラデュレ(パリ)/ シェフ:フィリップ・アンドリュー
2000-2015
プラザ・アテネ(パリ)ミシュラン三ツ星:シェフ・パティシエ
2007
Paulette Macarons(カリフォルニア/ビバリーヒルズ)マカロンのアイデアを創作
2013
お菓子教室兼パティスリー「ミシャラク・マスタークラス/ミシャラク・テイクアウェイ」をパリ(ポワッソニエール)にオープン
2店舗目のパティスリー「ミシャラク・パリ」をマレ地区にオープン
2016
3店舗目のパティスリー「ミシャラク・パリ」をサン ジェルマン デ プレ地区にオープン
2017
スイーツと食事を出す「カフェ・ミシャラク」を、フォブール・ポワソニエール60番地にオープン
2018
PRINTEMPS DU GOUT(プランタン百貨店食料品売り場)8階(日本式9F)にカフェミシャラクの4件目のパティスリー・サロンドテをオープン

受賞

2005
クープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・パティスリーにフランス代表として出場し、チーム優勝
2013
Relais Desserts のPastry Chef of the Year2013 を受賞

テレビ

2012.22013.6
Téva Channel にて'Le gâteau de mes rêves (Cake of my dreams) という料理番組を持つ。
2013.7
France 2 Channel にて放送の'Qui sera le prochain grand pâtissier (Who's the next great pâtissier') の番組にて審査員を担当。
2013.9
France 2 Channel にて放送の'Dans la peau d'un chef (In a chef's shoes)' の番組を共同プロデュースし、番組自体にも参加。

MICHALAK

PARIS

フランス各地の格式あるホテルで華々しい経歴を築いてきたクリストフ・ミシャラク。フランス代表としてパティシエの世界大会を制し、業界を牽引するパティシエの一人という評価を確立した彼は、パリ市内に菓子教室を併設したパティスリー『MICHALAK MASTERCLASS/MICHALAK TAKEAWAY』をオープン。続くパティスリー『MICHALAK PARIS』は独自のブランドを持ちたいとの想いからブティック(小規模の小売店・職人の店)として出店し、その後もパリ市内に3店舗を展開。高級ブランドながらユニークかつロックで未来感溢れる店舗は、本格的な技術と合理性を併せ持つ今までに前例のないもの。「誰もやっていない事をしたい」2つと同じ店は無いというMICHALAK PARISの出店先として彼が次に選んだのは、フランスと並ぶスイーツ大国として挙げる日本。業界の風雲児は、常に考え新しいものを生み出し続ける。MICHALAK PARISでは、オリジナリティを追及した創作と革新が絶え間なく行われている。

CREATION

MICHALAKのお菓子のクリエーションにおいては、4つの『E』を意識しています。

エレガント

ELEGANT

美しい事
エッキリーブル

EQUILIBRE

バランスの良さ
(温度・素材)
エモーション

EMOTION

食べたときに心に響くもの。
感動。
エフィカス

EFFICACE

機能的・合理的・便利。
持ち帰りのできる簡単さ。

同じお菓子を作り続ける上で未来に向かっていく事、オリジナリティ。ミシャラク自らのアイデンティティが溢れるものを作り続けていく事。
また、お菓子の味わいを含めた体験を重視し、パッケージ等においては綺麗である上にわずらわしさなどからも解放されているべきだと考えます。

YUZU

柚子との出会い

ミシャラクは1997年から1年間、神戸のグレゴリー・コレでパティシエとして非常に充実した時間を過ごし、その期間に柚子との出会いを果たす。彼が世界の柑橘類の中で最も素晴らしいと評する柚子のフレーバーは、生み出される様々な創作に使用され、世界中の人々を魅了している。

SHOPINFO

ミシャラク 表参道


〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6-2-9
営業時間物販:11:00-20:00 、カフェ:11:00-21:00(ラストオーダー20:00)
MICHALAK PARIS が表参道・原宿エリアに上陸!
日本ショップデザインコンセプトはクールポップ × シンプルカジュアル!
遊び心に溢れていつつも上質な商品と、ブランドビジュアルにも表現された明快さを店内のインテリアとして表現しました。
ブランドのもつポップな要素がエレメントとして落とし込まれた店内。
キャラクターのように表情豊かな商品たちを際立たせるために、ホワイトとブラックを基調に構成。
この2色はブランドのビジュアルカラーでもあります。


INFORMATION